人財バンク 国際事業部からのお知らせ

一覧を見る

特定技能外国人受入制度とは

中小・小規模事業者をはじめとした人手不足は深刻化しており、生産性向上や国内人材確保のための取組を行なってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において、一定の専門性・技能を有し 即戦力となる外国人を受け入れる制度です。

在留資格「特定技能」について

○ 特定技能1号:特定産業分野に属する相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格
○ 特定技能2号:特定産業分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格

特定産業分野(14分野)

介護、ビルクリーニング、素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業、建設
造船・舶用工業、自動車整備、航空、宿泊、農業、漁業、飲食料品製造業、外食業
(特定技能2号は赤字の2分野のみ受入れ可能)

株式会社人財バンク 国際事業部のサービス

株式会社 人財バンク 国際事業部は、グループ会社で培った20年以上の技能実習生受入実績とノウハウにより、特定技能外国人を紹介いたします。

支援サービス

企業様のご要望(支援の全部または一部の委託)により、登録支援機関として特定技能外国人の生活支援をいたします。